2019
02.25

デザインについて

COLUMN, 特集

こんにちは。チャビーバルーンのデザインを担当していますCORGEです。

バルーンをご注文頂く際にバルーンの色味やデザインで悩まれる方も多いのではないでしょうか?
当店にお越し頂くお客様やオンラインショップからお問い合わせ頂くお客様の中にも
同じお悩みをもたれたお客様が多くおられます。

ウェディングやバースデーなど特別な日に使用するものですので、悩むのもしょうがないですよね。。

少しでもお客様のお悩みを解決できるように僕のコラムでは
数回に渡り、バルーンのデザインについてとバルーンのカラーについてを
詳しくご解説させて頂きます。

バルーンだけでなく、ウェディングでご使用になられるウェルカムボードや招待状など
様々なデザインにお役立て頂ける内容でご紹介させて頂きます。

1回目の今回は『デザインを良く見せる基本』をご紹介させて頂きます。

僕自身、デザインの中で最も大切だと考えているのは『フォント』です。
フォントの大切さですが、これはグラフィックデザインやウェブデザインなど、
様々なデザインを行う中で一番大切と言っても過言ではない部分になります。

どれだけおしゃれな色合いやバルーンの組み合わせを行っても
バルーンへの文字入れプリントのフォントが変では全てが台無しになってしまいます。

あまり、日常生活でフォントを意識した事はないと思いますが、
デザインを行なっている方であれば、街中や様々な媒体を目にする際にフォントに目がいってしまいます。

例えば下の画像をご覧ください。

同じカラーで同じデザインを行なっておりますが、フォントだけ異なってものを使如何でしょうか?

例では大げさにフォントを変えておりますが、右のデザインの方がお洒落な印象を与える事がわかります。
フォントにこだわり、バランスや使い方さえ変えればこんなにもデザインに違いが生まれるんです。

もっと簡単な例に例えると、高級な料亭に行ったとします
料理のお品書きが筆書きでとても綺麗な字で書かれている場合と
パソコンで打ち込んだ機械的なお品書きのどちらが良い印象を与えるでしょうか?

間違いなく手書きの美しいお品書きの方が人を惹きつけると思います。
フォントやフォントの使い方で、人に与える印象は180度変わリます。
フォントにはマインドコントロールの力があるとさえ言われています。

私たちが日頃目にして、美しいやカッコいいや可愛いといった様々な印象は全て
フォントから受ける印象が大きのかもしれません。
だからこそ、当店が行うバルーンプリントサービスはフォントを大切にしております。
ただフォントにこだわるだけでなく、バランスや字間などにも気をつけております。

こちらの写真をご覧ください。

左側はよくあるバルーンプリント例です。右側が

当店が行うバルーンプリントです。
ただ文字をプリントするだけだと左のうような印象のバルーンになります。

右はお客様のご要望やイメージを考慮し、デザインさせて頂いた例です。
フォントを変え、文字の大きさやバランスなど変えるだけでガラリと印象が変わります。

今回はフォントが与える印象を簡単にご説明させて頂きました。

近年ではDIYでウェルカムボードや招待状など様々なデザインをご自身でされる方も多いと思います。
是非、フォントとバランスにこだわってみて下さい。きっとデザインが見違えると思います。

バルーンのプリントをご希望のお客様は是非当店にご相談下さい。きっと理想のバルーンに仕上がります。

次回はもう少しデザインを掘り下げてご紹介させて頂きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。